読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mr.novemberのブログ

暇と退屈、そして音楽の楽しみ方。

【Weekly Music】WHAT CAPTURES ME _ Jan 27, 2014week

今週も恒例のよく聴いた、というよりは気になった2曲をご紹介。

1. BANKS "BRAIN (Prod. by Shlohmo)"

またもや新曲が公開されたので、当然のご紹介。
今回この曲を聴いてまず思ったのは、

  • エレクトロニック系の旬なプロデューサー陣の徹底した先取りは明確なビジョン
  • 生のソングライティングやボーカルの魅力が分かり易いプロダクションも取り入れるべき

という2点。

前者については今回起用したプロデューサーであるShlohmo(読み方はシュローモ?)は2010年にデビュー作をリリースしている現在24歳のトラックメーカー。米LAはロウ&セオリー周辺での活動を起点にしていたみたいで、どちらかというと90年代のヒップホップにルーツを感じさせるLAビートシーンで、彼は00年代のエレクトロニカへの回帰を感じさせるトラックを作ることでその存在感を際立たせている。昨年リリースの新作ではHow to Dress Wellをボーカルで起用したりと、自らのビートメイクのテイストと昨今のR&Bリバイバルの流れを巧く融合した出来でかなりカッコいい。なので、BANKS(というかマネジメントなのか?)の今回のチョイスもやはりセンス良いなと。個人的には以前紹介したFlumeや同じくBANKSのプロデュースを手掛けるSOHNを含め、00年代初頭のエレクトロニカ再評価の波がトラックメーカーたちの動きとして束になりつつあるのかなという見方もしてみたり。(まぁ完全に妄想ですが。)

ただ、2点目の通りフックのある魅力的なソングライティング力と歌唱力(この動画だと分かりやすいかも)もあることだし、もう少し生々しいプロダクションも聴いてみたいのが正直なところ。やっぱ同じテイストだらけだと飽きてしまうしね。なのでアルバムの方はエレクトロニック色以外の幅もあることを期待しています。

Bad Vibes

Bad Vibes

 

 2. India Aire "Nothng that I love more" (Motown)


さてさてまたBANKSについて書きすぎてしまいましたが、次はIndia Arieインディア・アリー)という2001年にアルバム『Acoustic Soul』でデビューしたSSWをご紹介。デンバーで生まれ、アトランタを拠点に活動しているそう。(詳細はオフィシャルをご参考)

と得意げに紹介しかけましたが、 実は前から好きだった訳でもなんでもなくたまたま立ち寄ったスタバで流れていたのを気に入りShazamして知ったアーティスト。便利な世の中ですね、最近かなり使ってます。オススメです。

活動開始は01年なので15年近いキャリアがありますが、10年代に入って一気に前景化したリアン・ラ・ハヴァスローラ・マヴーラなどのオーセンティックな女性アフリカ系シンガーの流れで紹介されたらもっと注目を浴びたんじゃないかなと思う良作です。

Songversation

Songversation

 

 

Acoustic Soul

Acoustic Soul

 

 

広告を非表示にする
Visit Keigo Sadakane's profile on Pinterest.