読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mr.novemberのブログ

暇と退屈、そして音楽の楽しみ方。

【Weekly Music】WHAT CAPTURES ME _ April 1, 2014week

Hype Machineの衝撃

f:id:mrnovember0708:20140406213941j:plain

遅ればせながらようやく使い始めたHype Machine。
アプリ自体がどんなものかはこのブログを参考にして欲しいのだが、簡単に言ってしまうと「世界中のブロガーが紹介している音楽を様々な切り口でキュレートしてくれたものを聴き放題できるApps」といった感じ。
なので、アーティスト単位は勿論ながら、ブログ単位でFollowをすることで新しい音楽を追っ掛けていくことが新しくかつ容易です。そしてそのブログたちがイケてること、イケてること。(実際、創始者の人も「キュレーターのキュレーター」、「フィルターのフィルター」という表現をしているみたいですね。)

いざ使ってみての感想は、

  • 知らないブログによる聞いたこともないアーティストの音楽ばかり
    (まぁあくまでも僕が知らないだけですが。笑)
  • 自分の好みにはかなりの高確率で好きな音楽が見つかる。てか、半端ない。
  • ストレスのないUI(ページの切り替え等々で音楽が中断されない。これ大事)

という感じで、正に「音楽との付き合い方をデザインし直す」と言えるほどのインパクトでした。

Spotifyはメジャーなコンテンツも含まれているためランキングロジックによって、よりマスなものが高頻度に聴かれる仕組みになっていますが、Hype MachineはかなりエッジーなブログをまずHMサイドでセレクトするというフィルターが掛かっているので、耳の早い人にとっては最高なツールになるんじゃないでしょうか。実際、気に入ったアーティストをググってみても全然情報が出てこないアーティストであることもしばしば
また最近だと実際、Chet Fakerのように本当に無名の状態からHMで一気に知名度をグローバルに上げたアーティストもチラホラ出てきています。

自分では音楽ブログは国内外含め広くチェックしていると思っていたが、自分のカバレッジなんて所詮限界があることを痛感せざるを得ませんでした。恐るべしインターネット、と肌身を持って感じましたね、今更(笑)。

これはここ10年位テイスト・メイカーとしての地位を築いてきたPitchforkやStereogumらがバリュー・スライスされる可能性は大で、新しいパラダイムが始まる予感がします。

またこうしたHype Machine的な音楽伝達の新しいあり方以降の音楽受容を捉え直すような作業(ジャーナリズム含め)はまだ顕在化してないですが、個人的には何かしら欲しいし、どんな動きが出てくるかを欧米を中心にいちユーザーとしてウォッチしていきたいなと思っているところです。

 

ではそんなHype Machineで見つけた素敵な音楽を

という訳でここ数週間の間にHype Machine経由で見つけた(おそらく)まだ日本でほぼ知られてないであろうアーティストを紹介してみます。当たり前ですが、HMのURLも付けておきます。

1. The Colurs "Washed Away"

The Colurs - Washed Away (Live At The Normal ...

とってもオーセンティックなポップス。日本でもウケそう。
Easy to Love」という曲も竹内まりあを連想させる名曲ですよ。
Hype Machineで聴けます:http://hypem.com/artist/The+Colurs

2. Laura Welsh "Unravel"

ブラッド・オレンジ等で知られるデブ・ハインズとのコラボレーションということで昨年P4K等でも話題になりましたが、日本ではまだまだ紹介されてなさそうなイギリスのシンガー。クラシカルなソウル・マナーな歌いっぷりはJessie Wareと近いテイストを感じます。

Hype Machineで聴けます:http://hypem.com/artist/Laura%20Welsh/1/

3. Joel Baker "Every Vessel,  Every Vein"

5月にようやく当該曲を含むEPがリリースなのでyoutubeにもライブ音源しかまだないですね。英ノッティンガム出身のソウルフルな声を持つ(アクセントも強烈)フォーク・シンガー。この曲は聴いた瞬間ヤラれました。キング・クルーエルといい、ジェク・バグといい、そしてこのジョエル・ベイカーといいブレイディみかこさんの言う

何かの兆しのようなものが、ほのかに表出をはじめたのかもしれない。
(←この言葉自体は別文脈ではありますが)

の音楽における兆候なのかなと直感的には思ったり。

Hype Machineで聴けます:http://hypem.com/artist/Joel+Baker

彼の公式ブログにある自己紹介文が最高なので紹介しておきます。

I'm from Nottingham, UK, and moved to London 2 years ago to work in the House Of Commons.  Rather than becoming a politician I ended up becoming a Singer-Songwriter. 

I love lyrics that mean something. 

I love music that makes you feel something. 

I love Jimi Hendrix, Reggae Reggae Sauce, & Jesus.

Thank you for every single bit of support,

Love, j

以上、今週のWeekly Musicでした。

広告を非表示にする
Visit Keigo Sadakane's profile on Pinterest.