読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mr.novemberのブログ

暇と退屈、そして音楽の楽しみ方。

【楽曲分析_試行】Nick Hakim - Cold

www.youtube.com Nick Hakimのルーツである音楽のエッセンスを律儀に盛り込んだ曲だ。そのルーツとはジャズ、ソウル、そしてゴスペル。でも全体の音飾的な味付けは極めて今っぽくゼロ年代以降の音楽をたくさん通過してきたことがわかる。 楽曲は、BPM60台半…

【年間ベスト】2015年「 極私的」年間ベスト・アルバム _ 『2015年、圧倒的な1枚』編

本作をピカソの「ゲルニカ」に例える声がある。人間の蛮行と悪を描いた黙示録であるかの作品と同様、『トゥ・ピンプ・ア・バタフライ』は告発的な作品だ。それはアフリカン・アメリカンたちがホワイト・ハウスの目の前で裁判官を踏みつけ、酒ビンと札束を握…

【年間ベスト】2015年「 極私的」年間ベスト・アルバム _ 『ポストEDMとしてのダンス・ミュージック』編

産業化が過ぎた快楽=EDMからの離脱 とにかく強引にフィジカルに訴えかけてこうようとするEDMには流石に世界中が食傷気味になったのか、僕が触れた2015年のダンス・ミュージックは、EDMに明確に引導を渡すような革新や派手さを持ち合わせた何かは無かった代…

【年間ベスト】2015年「 極私的」年間ベスト・アルバム _『絶滅が危惧される”ギター/ベース/ドラム” バンドの生き残り』編

元の居場所へと還っていく「インディー」 この10年のアメリカの音楽産業は「インディー」という鉱脈を掘り返すことで飯を食ってきたと言ってもよいだろう。ただグランジ・ブームの時の反省からか、食い尽くされ、焼き畑化される前にここ数年をかけて「イン…

【年間ベスト】2015年「 極私的」年間ベスト・アルバム _『リバイバル以後のいいとこ取りハイブリッド音楽としてのR&B』編

最もハイブリッドで適応性のあるフォーマットとしてのR&B 音楽のフォーマットとしてのR&Bの援用はまだまだ続いたのが2015年でした。ダンス/ベース・ミュージックとの合流を踏まえ多くの新しいR&Bが登場したイギリスだけでなく、アメリカでもいわゆるメイン…

【年間ベスト】2015年「 極私的」年間ベスト・アルバム _ 『埋もれた日常を掘り起こす想像力としてのフォーク・ミュージック』編

埋もれた日常を掘り起こす想像力 ここで紹介する二組は「グローバル・ポップ」で紹介した面々や、アデルのような最先端のプロダクションの凄みはありません。そしてラブ・ソング、とりわけ失恋という形式というユニバーサル・ランゲージを分かりやすく採用し…

【年間ベスト】2015年ベスト・アルバム _ 『グローバル・ポップ、ガチンコ勝負の頂上決戦』編

"Winner takes all"のグローバル・ポップ市場 インターネットが音楽産業に起こした構造的変化のひとつに「勝つものが益々勝つ」という現象がある(#その一方多様な音楽が可視化はされるようにもなっているのも事実)。そう、Winner Takes All。事実、レコー…

【年間ベスト】2015年「 極私的」年間ベスト・アルバム _ 前口上

遅ればせながらの2015年ベスト・アルバム さて毎年恒例遅ればせながらの年間ベストです。 まずいきなりですが、最初に断りを入れておくとこのリストは僕の個人的なテイストの順ではありません。 では何なのか?と言うと、ポップ・ミュージックと接するうえで…

【告知】WEBマガジンQeticにOh Wonderへのインタビューが掲載されました!

とても濃いインタビューができました HypeMachineで出会ってから1年以上が経ちましたが、ずっとフォローしてきたOh Wonderにようやく念願のインタビューが出来ました!凄く丁寧で濃い回答を貰えて充実した内容になっています。 単発は良くてもアルバムをハイ…

【DVD Review】"Heaven Adores You ~ A documentary film about Elliott Smith"

この作品はありがちなレジェンドを大仰に振り返ったり、悲劇(エリオット・スミスの死因は断定しきれていないものの恐らく自殺と想定される)にフォーカスしているものではない。 この作品を観て改めて感じたのは、エリオットに近しかった人たちが語るエリオ…

【Song Review】Adele "Hello"

アデル、ほぼ5年待ったアルバムからの1stシングル。 万人受けの分かりやすーいフックという訳でもなく(あくまでもアデル内相対的にだが)、シングルにしては尺も長め。 ”「Someone Like You」的シングルをもう一発当てにいく”という最大の誘惑には打ち勝った…

【Album Review】Disclosure 『Caracal』(Universal)

今やUKのみならず世界のダンス・ミュージックを牽引することを期待される存在になったローレンス兄弟ことディスクロージャー。2010年代のイギリスが「ハウスの時代」を迎えたのは彼らが着火点。ケムズもアンダーワールドもプロディジーも完全にしくじったア…

【新・Weekly Music】HYPE MACHINEで見つけた素敵な音楽たち_19

今週のイチオシ Lewis Del Mar "Wave(s)" soundcloud.com NYからのChet Fakerへの回答?Chetは素晴らしいアルバムをリリースし、久方ぶりにオーストラリアから名を上げたSSWになったけど、このルイス・デル・マールもこの曲レベルをもう幾つか世に出せれば、…

【新・Weekly Music】HYPE MACHINEで見つけた素敵な音楽たち_18

今週のイチオシ KHAI "Do You Go Up" soundcloud.com ミズーリ出身のトラック・メイカーということ以外大した情報がないこのKHAI。とても今っぽいダウン・テンポのR&B。ダウナー過ぎず、濃密過ぎずの塩梅は最近だとTom Mischを、過去のアクトだとZero7を思…

【上半期ベスト】2015年 上半期 ” 極私的”ベスト・アルバム _ 5位〜1位

5位から1位 5. Florence + The Machine 『How Big, How Blue, How Beautiful』(Island) “Magnificient(荘厳な)”という言葉は、このフローレンス+ザ・マシーンのためにある言葉と言っても過言ではない。これまでの2作は1曲1曲が濃密すぎるゆえかどこかアル…

【上半期ベスト】2015年 上半期 ” 極私的”ベスト・アルバム _ 10位〜6位

もはや3Qが終わろうとしていますが・・・ 昨年よりさらに遅くなってしまった上半期ベスト。というか遅すぎてもう第3Qが終わりつつあります(笑)。実は下半期のほうがすでにリスト入りするアルバムが固まってたりするんですが、まぁいいや。ケジメが大事!!…

【Feature】Ryn Weaverのデビュー・アルバム『The Fool』全曲試聴

2015年はテイラーじゃなくてリン・ウィーバーの年。のはず。 前々から去年はBanks、2015年はRyn Weaverを推しまくると決めております私。テイラーより俄然コッチですね。今や超売れっ子プロデューサーのベニー・ブランコの秘蔵っ子でもあります。遂にという…

【新・Weekly Music】HYPE MACHINEで見つけた素敵な音楽たち_17

今週のイチオシ Jordan Bratton "Prisoner(feat. Chance The Rapper)" www.youtube.com ガーディアン誌によると2013年の時点で18歳なので現在は20歳ということになるこのJordan Bratton。とにかく余り情報がないが、NYのロングアイランドを拠点に活動してい…

【新・Weekly Music】HYPE MACHINEで見つけた素敵な音楽たち_16

今週のイチオシ Julio Bashmore "Holdin' On(feat. Sam Dew)" soundcloud.com ジェシー・ウエアのデビュー作でも決定的な仕事をしたプロデューサー/トラックメイカー、Matthew WalkerことJulio Bashmore(フリオ・バシュモア)が遂に7/10にアルバムをリリー…

【告知】WEBマガジンQeticにPrefuse73の特集記事を寄稿しました!

ギレルモ・スコット・ヘレンの代表的な名義であるプレフューズ73が4月末に4年ぶりの新譜をリリースしたことに際して、彼の20年近いキャリアを総括する記事をQetic誌に寄稿させて頂きました。 本当に久々の快作となった新作ではヒップホップを軸にエレク…

【新・Weekly Music】HYPE MACHINEで見つけた素敵な音楽たち_15

今週のイチオシ Andy Shauf "I'm Not Falling Asleep" 『Either/or』の頃のElliot Smithのあのヴァイヴを想起させるカナダのシンガーソングライター、Andy Shauf。エリオットだけでなく、正統派バカラッキアンからPaul Simon、またそれらの系譜にあるよりコ…

【Live Report】ブルーボトルコーヒーとホステス・クラブ・ウィークエンダー

10回目の節目開催 ちょうど10回目の節目を迎えたホステス・クラブ・ウィークエンダー(以下、HCWとする)。 St.Vincentのグラミー効果なのか、ベルセバ効果なのかは未だ解せないものの、2日に渡って新木場スタジオコーストは超満員の賑わい。 と同時に同じ…

【新・Weekly Music】HYPE MACHINEで見つけた素敵な音楽たち⑭

今週のイチオシ Oh Wonder "Lose it" またもやロンドンからのデュオ。ロンドンからの量産体制はいつまで続くのか・・・。このOh Wonderは 毎月新曲をリリースするというプロジェクトを開始したばかりだが、未だにこのデュオが何者かはよく分かっていない。 …

【年間ベスト】2014年「 極私的」年間ベスト・アルバム _ 『本当の私的ベスト・アルバム』編

とにかくこの2枚が全てだった2014年 ちんたらと足掛け丸2ヶ月も掛けてしまいましたが・・・「僕から見た2014年の景色」を定義する7つのパースペクティブのラスト『本当の私的ベスト・アルバム』編をようやく迎えました。2013年はVampire Weekendがぶっち…

【年間ベスト】2014年「 極私的」年間ベスト・アルバム _ 『すべての人々に語りかけ、チャートにも居座れたポップ・ミュージック』編

他者に分かりやすく語りかける音楽としてのポップ・ミュージック 僕はポップ・ミュージックの大きな役割の一つは「皆が思ってはいるけれどなんだかモヤっとしていることを"すっと"腹落ちさせること」だと思っている。 そしてすぐに話が通じそうな人にだけ話…

【年間ベスト】2014年「 極私的」年間ベスト・アルバム _ 『EDM以後のビッグになるべきと信じて疑わないダンス・ミュージック』編

”EDM”ではなく、でもど真ん中にストレートを投げ込むこと 市場のメカニズムとはひとつ”勝ちパターン”を見つけると、雨後の筍のようにその模範をコピー&ペースト。市場は一気に巨大化し、プレイヤーを増やしながらそのマーケットを自己強化し、マーケットの…

【年間ベスト】2014年「 極私的」年間ベスト・アルバム _ 『インディー/ポストR&B、その後』編

インディー/ポストR&Bからの2014年 ゼロ年代の中盤以降、エレクトロニック/ダンス・ミュージックの成果を余すところなく汲み取りながらインターネットという「制約からの解放(制作プロセスの共有やサンプリング・ソースの多様化)」を土台にしてドレイク、…

【年間ベスト】2014年「 極私的」年間ベスト・アルバム _ 『2014年数少ない健闘した「ロック」たち』編

嘲笑の対象からの面目躍如? 過去に寄りかかった退屈で時代錯誤な嘲笑の対象となるジャンルの一つに落ちぶれてしまったロック。ある意味、堕していくロックに対するアンチテーゼとして発展してきたのが北米の地における「インディー・ロック」だと言うことも…

【年間ベスト】2014年「 極私的」年間ベスト・アルバム _ 『Jazzのポップ・ミュージックへの復権?』編

ジャズ、ソウル、R&B、ヒップホップの交差点 「インディーR&B」というフレーズに現れているようにこの数年の欧米のポップ・シーンにおいてデファクト・スタンダードのひとつになりつつあるオーセンティックなソウル/R&Bへの回帰に加え、個人的に感じている…

【告知】ジェシー・ウェアへのインタビューがQeticに掲載されました!(昨年末ですが)

こちらも遅ればせながら告知させて頂きます 年末年始のハネムーンを日本で過ごした( http://instagram.com/p/xRsvOJDXjE/ )UKのシンガーソングライター=Jessie Ware(ジェシー・ウェア)へ正にハネムーン出発直前に行ったインタビューが昨年末にWEBマガジ…

【年間ベスト】2014年「 極私的」年間ベスト・アルバム _ 『恐るべき新世代たち』編

異常な豊作ぶりだったイギリス 『恐るべき新世代たち』という切り口を設けたかったのは正にHype Machineが理由。あまりにも沢山の素晴らしい名も知られていない(ググっても何の情報も出てこない)アーティスト/バンドを見つけることができたのが2014年だっ…

【年間ベスト】2014年「 極私的」年間ベスト・アルバム _ 前口上

遅ればせながらの2014年ベスト・アルバム さてすっかり年も明けてしまいましたね。今更ではありますが今のうちに昨年の企画同様、2014年の「極私的」年間ベスト・アルバムをご紹介。 しかし昨年とはちょっと趣向を変えました。自分の何かしらの判断軸に基づ…

【新・Weekly Music】HYPE MACHINEで見つけた素敵な音楽たち⑬

今週のイチオシ Tom Misch "Now" トム・ミッシュを紹介するのは2回目になるだろうか。彼もまたロンドンから出てきた新しい才能。本当に今のイギリスはゴールド・ラッシュ状態。そしてこのトムもまだ若い。まだ18歳。 その音楽はJ Dilla(ジェイ・ディラ)へ…

【Feature】改めて振り返る。今、最もオーセンティックな女性R&Bシンガー、ジェシー・ウエアとは?③ _ 「Tough Love」編

『ブリット・ポップ』というタームを更新する力作『Tough Love』 やはり消耗を要した長い『Devotion』ツアー ジェシーのデビュー・アルバム『Devotion』はこれまでに少し触れたように結果として高い評価を得て、2012年の最も絶賛されたアルバムの一枚になっ…

【Album Review】Odesza _ 『In Return』(Beat Records / COUNTER RECORDS)

まずは真っ先にSound CloudからでもHype Machineからでも良いからこのOdesza(オデッザ)の音源を聴いてみて欲しい。ほぼ全曲キラー・トラックと言っていい猛烈にキャッチーなメロディ(大半のトラックでボーカルがフィーチャー)と最高に格好いいBPM110前後…

【Feature】改めて振り返る。今、最もオーセンティックな女性R&Bシンガー、ジェシー・ウエアとは?② _ 「Devotion」編

時流と伝統が巧く融合した"伝統的な"R&B/ソウル・アルバム 「ダブステップ以降」を前提としたR&B/ソウル さてさて先週より開始したジェシー・ウエアを振り返りつつ、セカンド・アルバム『Tough Love』までの軌跡を紹介する3回シリーズ(予定)の2回目とい…

【Feature】改めて振り返る。今、最もオーセンティックな女性R&Bシンガー、ジェシー・ウエアとは?① _ 「デビューまで」編

ポストR&B時代における最もオーセンティックなシンガー、ジェシー・ウエア 「R&B」。この数年とにかくこのタームと共に多くのアーティストが紹介されてきた。だがふっとこんなことを思う人はいないだろうか? 「今、普通にオーセンティックでポジティブなヴ…

【新・Weekly Music】HYPE MACHINEで見つけた素敵な音楽たち⑫

今週のイチオシ Whilk and Misky "Clap Your Hands" Whilk And Misky - Clap Your Hands - YouTube ロンドンを拠点に活動するデュオ。Whilkがサウンド・プロダクションを手がけ、MIskyがボーカルらしい。タイトル通りの手拍子をフィーチャーしたボサっぽいリ…

【新・Weekly Music】HYPE MACHINEで見つけた素敵な音楽たち⑪

またまたインターバルが空いてしまいました。。。なので、いつもは1曲ずつですが今回は2曲ずつで・・・。 今週のイチオシ 1. Brolin. "Swim Deep" Brolin - Swim Deep - YouTube イギリスはヨークシャーのアクト。彼が誰なのかははっきり分かっていないよ…

【告知】WEBマガジンQeticにBANKSのインタビュー記事が掲載されました

BANKSへのインタビュー、公開です。 このブログのみならずtwitter含め2013年初頭から紹介し続けてきたBANKS。そもそもこのブログを始めたモチベーションの一つがBANKSを紹介したかったからだったりもします。(ブログ立ち上げ当初はBANKS関連エントリばかり…

【動画プレイリスト】2014年 上半期 ” 極私的”ベスト・アルバム

上半期TOP10を動画でまとめました [Tracklist(実際のランキングとは逆です)]1 James Vincent McMorrow "Cavalier"2 Lana Del Rey "West Coast"3 How to Dress Well "Repeat Pleasure"4 Noosa "Love"5 Phoria "Undone"6 Sam Smith "I'm not the only one"7 …

【新・Weekly Music】HYPE MACHINEで見つけた素敵な音楽たち⑩

1ヶ月以上インターバルが空いてしまいました。久しぶりにHype Machineで見つけたおすすめトラックをご紹介。 今週のイチオシ Alt-J "Every Other Freckle" alt-J - Every Other Freckle (Official Audio) - YouTube 2012年マーキュリー・アウォードのウィナ…

【上半期ベスト】2014年 上半期 ” 極私的”ベスト・アルバム _ 1位

そして上半期ベスト・アルバムの発表です 1. Sharon Van Etten 『Are We There』(Jagjaguwar) 細かい話は既にレビューで書いたが、何度でもこの作品を世に紹介することは厭わない。永遠に語り継がれ、聴かれるべき圧倒的な傑作だ。 これまでの3作で存分にそ…

【上半期ベスト】2014年 上半期 ” 極私的”ベスト・アルバム _ 5位〜2位

上半期ベスト・アルバム、5位から2位の発表です 5. Sam Smith 『ln the Lonely Hour』(Capitol) きっかけはDisclosureの「Latch」だった。それからあれよあれよという間にAdeleを迎え撃てるほどのビッグなポップ・シンガーとなったサム・スミス。ダンス・…

【上半期ベスト】2014年 上半期 ” 極私的”ベスト・アルバム _ 10位〜6位

もう7月も終わりですが・・・ 父の急死という個人的な事情があり7月は全く更新が出来ませんでした。 上半期ベストはずいぶん前から紹介しようしようと思いながら、あっという間に下半期も1ヶ月が経とうとしていますがようやくご紹介させて頂きます。 Hype Ma…

【新・Weekly Music】HYPE MACHINEで見つけた素敵な音楽たち⑨

久しぶりのHype Machineからのおすすめ紹介。特にTom Mischはかなり期待大。 あとそろそろ2014年上半期個人ベストも紹介したいと思ってます。 今週のイチオシ Tom Misch "Memory" ロンドンからはまだまだ才能が止まらない。コンポーザー、ギタリスト、シンガ…

【Album Review】Sharon Van Etten _ 『Are We There』(Jagjaguwar)

これは単なる“ブレイクアップ(別れ)・アルバム”じゃない。もっとおどろおどろしい人間の奥底にある見たくはない何かを抉り出したアルバムだ。始まりだけは穏やかなギターのアルペジオとピアノで彩られる"Afraid of Nothing"ではなく、3曲目の"Your Love Is…

【Live Report】Hostess Club Weekender _ Day1(@ Jun 21, 2014)

やはりラインナップの影響は集客に大きく影響 海外インディーシーンの旬をリアルタイムにパッケージ化し体験できるイベントとしてすっかり定着してきた<Hostess Club Weekender>ですが、8回目の初日のこの日はさすがに渋すぎたラインナップのせいか集客は…

【新・Weekly Music】HYPE MACHINEで見つけた素敵な音楽たち⑧

いやー、W杯が始まりましたね。イタリアが初戦白星スタートで気分が良いです。 今週のイチオシ Steven A Clark "Lonely Roller" エレクトロニック・ソウルやインディー/オルタナティブR&B、そんなフレーズで表現されるアーティストはまだ後を絶たない雰囲気…

【新・Weekly Music】HYPE MACHINEで見つけた素敵な音楽たち⑦

今週も淡々と行きましょー。 今週のイチオシ SBTRKT "Temporary View ft. Sampha" ポスト・ダブステップというフレーズとともに一番初めに注目を集めたリミキサー/トラック・メイカー、SBTRKT。2010年頃から表立った活動を始め個人的にはこの1,2年は精細…

Visit Keigo Sadakane's profile on Pinterest.